Supporters on "Gentoh Showhin"  

        アルバム参加者

 

 

*Painter

Yoshiko Nakamura

ナカムラ佳子

熊本市在住の画家、イラストレーター。
熊本市河原町の珍品・雑貨店「モラトリアム」オーナー。
「誰でも使える道具で、誰でもできるやり方で、誰にも描けない絵をつくる」という信条を基に、
鉛筆だけで細密な圧巻の世界を構築し、その作品が放つ妖しい磁力は多くの人を魅了し続けている。

 

俳優、演出家の井上ゴム氏と演劇ユニット「ポークパンダ3歳」を結成。
舞台上の絵や美術を担当。
ポークパンダ3歳公式ブログ

http://gomu072.blog.jp/

 


2011年から切り絵も制作。
熊本県内外で個展やグループ展に出品。
熊本市現代美術館主催「アートパレード」奨励賞、
東京都ギャラリーハウスMAYA主催「装画を描くコンペティション」MAYA賞、
熊本県河原町文化開発研究所主催「河原町アワード」など多数受賞。
菓子、絵本、CDカバーなどのイラストも手掛ける。
河原町「モラトリアム」で、彼女の制作した鉛筆画や切り絵の原画など購入可能。

Dawn lullaby 夜明けの子守唄

illustration by Yoshiko Nakamura

ナカムラ佳子さんのイラストを多数見ることができます。

全て鉛筆だけで描かれたものです。

この動画は2015年7月に熊本市のカフェオレンジで開催された映像イベントに出品しました。

*guest Mussicians

Koushiro Watase
渡瀬功史郎

Percussionist,Drummer

熊本市在住のパーカショニスト兼ドラマー。
アルバム「幻燈小品」の ”結晶世界”でドラム参加。

中学高校時代、吹奏楽部に所属しドラムとパーカッションを担当。
高校時代にバンド活動を始め、ドラムとベースを担当。
大学ではビートルズ研究部に所属し、ビートルズはもちろんJPOPからメタルまで幅広い楽曲を演奏する。
現在は熊本市のウインドアンサンブルで吹奏楽継続中。
2011年、ソロ活動やパスカルズ、ホルモン鉄道など多岐に渡って活躍する石川浩司氏(ex.たま)の熊本ライブの地元サポートとして参加。

 

影響を受けた音楽
ビートルズ、ラモーンズ、たま、ナンバーガール、クラムボン。

 

尊敬するパーカッショ二ストorドラマー
リンゴスター、ジョンボーナム、伊藤大助、石川浩司


音楽以外の趣味は、喫茶店巡り、登山、奈良旅行。

 

Drum Recording

"The Crystal World  結晶世界"

featuring Koushiro Watase

渡瀬くんに結晶世界という曲の後半でパーカッションで参加してもらいました。そのレコーディング風景の動画です。

録音は2014年11月、熊本市です。

Eiko Noda
野田エイ子

熊本市在住の主婦。

昭和11年生まれ。

野田ちか子の義母(姑)。

幻燈小品の1曲目の熊本地方伝承の子守歌を歌っている。

同居の孫をこよなく愛し、テレビ鑑賞が趣味。

特技は裁縫。

ちなみに自分の声が世界中に配信されている事は知らない。

 

*English assistant

Grace  Matsuda

フィリピン出身、熊本市在住。

野田ちか子のママ友でご近所さん。

3児の母。

幻燈小品の歌詞の英訳の添削を担当。

Mark baysinger

英語教師。
オーストラリア出身、現在熊本市在住。
イギリス、アメリカ出身のメンバーとスリーピースバンド「Boy meets whale」を結成し、ベースを担当。

熊本市国際交流会館での英語添削依頼の募集に応募し、幻燈小品の曲紹介や野田ちか子のプロフィールの英語添削を担当した。