GIGSS​CHEDULE

野田ちか子ライブ,イベント出演情報

2017/1/29 (sun) 

つぼい食堂ファイナルLIVE

​facebook イベントページはこちら

​食堂つぼいのfacebookページはこちら

2017年、1回目のライブです!

熊本市仁王さん通りの突き当たりにあるマクロビ料理のつぼい食堂さんが1月いっぱいの営業になりました。

​主催のfurlyのゆうこさんにお誘い頂きました。

共演は自然体ば歌と人柄が魅力のギター弾き語りのMar Youさん​。

​アットホームなイベントになると思います。是非お越しください。

2017/1/29(日)

入場無料、1ドリンク制。

ライブは14時からですが、お店はランチ営業しています。

(出演)

furly , Mar You , 野田ちか子

2017/2/18,19(熊本公演のみ参加)

大帝ポぺ第2回公演「虚ろな舟」

大帝ポペBlog「ポペペな日常」

http://blog.livedoor.jp/gomu072-popepe072

熊本を拠点に活動する演劇ユニット「大帝ポペ」の新作にピアノの生演奏で参加します。

野田は熊本公演のみの参加です。

江戸時代から文献として伝わる謎の「虚ろ船伝説」がモチーフになった新作です。

作・演出は2015年に私のミュージックビデオ「赫い天使」で脚本・演出でお世話になった井上ゴムさんです。

出演も熊本の新進気鋭の俳優の皆さんです。

もの凄く熱いエネルギーが凝縮された芝居です。

熊本福岡近郊の方々、ぜひお越しください!

〇作・演出 

井上・F・ゴム

 

〇キャスト

寺川長 / 池崎友紀 / ますながあすか(たんじぇりんね)

/高松よしなり / 土山淳子 /はまもとゆうか


〇ピアノ

野田ちか子

〇日時・場所

【熊本公演】

2017年2月18日~19日

2月18日(土)16:00/19:00

2月19日(日)13:00/16:00

※開場は開演の30分前

studioドラゴン

(熊本市中央区草場2‐33 ドラゴンビル地下1F)


【福岡公演】

2017年3月25日~26日

3月25日(土)19:00

3月26日(日)13:00/16:00

※開場は開演の30分前

いじ☆かるstudio(福岡市南区井尻4‐2‐40)

【お問い合わせ】
TEL   090‐1028‐3528(大森)
MAIL    taiteipope@gmail.com

 

~あらすじ~

とある森の中で船の「舳先」と思われる部分が掘り起こされる。

そのあまりの巨大さに、誰もが土中に埋まった部分を想像し、国を挙げての大規模な発掘作業が始まるのだが・・・

 

噂を聞きつけ、一目それを観ようと続々と集う人間たち。

そして、とある5人の男女も、積み重ねた日常を後にする。

それぞれのささやかすぎる思いと望みを胸から垂れ流して。

Past event....Thank you for coming and support!!

2016/10/19~11/1

博多阪急 秋の学園祭 ART CUBE

熊本・大分アーティスト特集

熊本アーティスト(順不同/敬称略)

脇田あおい、佐野直、福嶋さくら、しまうちみか、宮本華子、レインボー岡山、

園田昴史

大分アーティスト(順不同/敬称略)

森貴也、Kana、豚星なつみ、国本泰英、宮崎勇次郎、谷正也

2016年4月の熊本・大分地震があったことで、今回熊本と大分に所縁のある作家の特集ということで声をかけて頂きました。

展示場所は博多阪急1階のウェルカムカフェ周辺、ウィンドウ界隈、ART CUBEです。

今回私は映像・音楽部門で初参加でした。

​足を止めてご覧になって下さった方々、会場である博多阪急の皆様、企画や作家との調整などで見えない部分でも沢山奔走して下さった宮本初音さん、原田真紀さん、この企画に紹介して繋いで下さったギャラリーADOの黒田さん、大変お世話になりました。

​写真をクリックすると、1つ1つ拡大され、解説を読むことができます。

博多阪急1階ウェルカムカフェにて
新幹線
kanaさんの作品と共に。
ART CUBE
しまうちみかさんと園田昴史さん
外からの眺め
10/18の搬入時の様子。
ART CUBEのパネル
1階阪急のエントランス
作家紹介パネル
NEWALBUM

 

Chikako Noda is a female homemaker and singer/songwritter based in Kumamoto city in the south part of Japan.

 

She has no experience with band activities in her teenage years.
When she was 25 years old she started a band,began composing music and playing guitar.
After she got married in 2004 she started home-recording using her husband's equipment.

 

Her  newest  album " 幻燈小品   GENTOH SHOWHIN" is now available on CDbaby , iTunes , Amazon etc. 

She is inspired by traditional Japanese songs,folklore and tales of old Japan.
She wrote all of her songs and lyrics, played almost all of the instruments(guitar,bass,piano,synthesizer,Loop station BOSS RC-50), recorded and mastered the CD and conceptualized the CD artwork.

Her recording equipment includes a ZOOM R16, iPhone 4S,iPad and ordinary inexpensive instruments.

Chikako started making small indie films with her own self produced music since the summer of 2015.

Her art and music was been featured at the local contemporary museum in Kumamoto ,Japan.

http://www.camk.or.jp/english/index.html

Chikako’s music and art received an exhibition  prize in December 2015 from Kazuhiko Hachiya  .

Chicako was diagnosed with Asperger’s Syndrome in 2012.

Her struggles with Asperger’s have helped  her with creating great music, art and movies.

 

She is married and has one young daughter.

野田ちか子、またの名をアフロチカ

 

熊本市在住の宅録主婦&映像作家。
活動テーマは「宅録主婦のまかない音楽」

学生時代バンド経験は無く、バンド活動と作詞作曲とギター演奏などは25歳になってから始めた。
2004年結婚を機に、夫の宅録機材を(勝手に)使い出し、宅録を始めるようになる。
女優岸田今日子さんが好きすぎて、「彼女がバンドをやったらどんな音楽になるのだろう」というテーマで活動を始める。

 


昔から語り継がれていた伝承唄、昔話、天象地象、ロシアや北欧&日本のアニメーションなどの映像から触発されて音楽を作る。
あり合わせの食材でまかないご飯を作るように、誰にでも手に入りやすく、高価ではない機材を使って絶品のとろけるような音楽を作る事を信条にしている。
宅録機材はZOOM R16やiPhone,iPadなど。
ビンテージ機材、 高価な機材や楽器は極力使わない。

 

 

2015年春、自主制作CD 「幻燈小品」 を

(「絶対売れないから止めろ」と言う家族の反対を押し切って) 発売。

 

本作品の作詞曲、唄、語り、ピアノ、ギター、シンセサイザー、iPadのアプリケーション"Garage Band"、ループマシーンBOSS RC50などのほとんど全ての演奏、録音、ミックス、マスタリング、CDデザイン、写真撮影も全て1人で手がけている。

アメリカ、オレゴン州ポートランドのDIYミュージックサイト

cdbabyや世界各国のiTunesやAmazonでも配信中。

2015年夏から映像制作を始める。

​以降、自身のオリジナル楽曲のミュージックビデオや、熊本自身の震源地に写真スタジオを持つ、フォトグラファー&着付け師のカワバタマイのドキュメンタリー映像なども手がける。

2015年12月、熊本市現代美術館主催アートパレード展で、自作曲「逢いたいあの子は遠くへ行った」の映像で審査員特別賞(八谷和彦賞)を受賞。

 

 

広汎性発達障害当事者。(2012年診断)

 

1児の母。

 

Past gigs....Thank you for coming and support!!

2016/10/29(sat)

​野外劇団 楽市楽座 熊本公演 ゲスト出演

楽市楽座は1991年に結成された、日本全国を旅する野外劇団です。

座長自ら設計した屋根なし壁なしの円形劇場、水に浮かんだ周り舞台の上で公演が繰り広げられます。

野田ちか子は熊本公演の10/29(土)にゲスト出演しました。

お越し頂いた皆さま、楽市楽座の皆様、熊本公演をコーディネートしてくださった坂本成一さん、写真を撮影して下さったカメラマンの水本浩一さん、公演をサポートして下さった方々、本当にありがとうございました。

​写真をクリックすると、1つ1つ拡大され、解説を読む事ができます。

また、この時のライブ映像も公開しました。

ご覧ください。

Chikako Noda Live/Rebirth(Gu.Ver.) 

野外劇団 楽市楽座 熊本公演ゲスト出演 日吉神社

楽市楽座熊本公演2日目を終えて
楽市楽座、「ヨイショ、コラショ」のチラシ
楽市楽座の座長、長山現さん
熱い抱擁
人間プラネタリウム
佐野キリコさん
ORANGE
熊本公演3日目。
熊本公演、初日
日吉神社
長山萌さん
野田ちか子
野田ちか子
坂本成一さん

野外劇団 楽市楽座「ヨイショ、コラショ」

楽市楽座公式ホームページ​はこちら

 

10/28~31 の4日間

@熊本市南区十禅寺2-15-3 日吉神社

投げ銭。

 

開場 18:30/開演 19:00

 

★ゲスト出演

28日 ORANGE(バイオリン ピアノ デュオ)

29日 野田ちか子

30日 坂本成一 吉永龍也 柴田樹(人間プラネタリウム)

31日 樫原秀彦&由美 柴田樹(Universal Flamenco Orchestra)

Past gigs....Thank you for coming and support!!

2016/9/2~9/15

「ファイフィレーゴの森」@蔦屋書店熊本三年坂店

岡松トモキ(写真・空間作り)

アド(動物画)

野田ちか子(音楽・映像)

私のアルバム「幻燈小品」に収録している曲「ファイフィレーゴ」のミュージックビデオの制作に関わった3人の企画展を行いました。

ご来場して下さった方々、サポートして下さった方々、ありがとうございました。

 

また、いつもモチベーションが高い蔦屋書店の熱い担当の三瀬さん(SF部長)、蔦屋でのご縁を繋いで下さったギャラリーADOの黒田さん、搬入も遅くまで手伝って下さった小野雄一さん、大変お世話になりました!

今回は期間中に映像と音楽のライブを3日間(各2公演)、そのうち2日間を女優のはまもとゆうかちゃん (演劇ユニット大帝ポペ所属)の1人芝居も行いました。

その際にも演出や稽古場の提供などで、大帝ポペの井上ゴムさん、寺川長さん、劇団きららの皆様にも大変お世話になりました。

また、見えないところでもイベントの告知に協力して下さったり、サポートして下さった方々の存在に沢山励まされました。

こういう楽しい場を今後も作れるように頑張ります!

また、その時にお会いできたら嬉しいです。

下の写真をクリックすると、拡大され、1つ1つ解説が読めます。

Chikako noda Live/Fajfilego

​熊本市 蔦屋書店熊本三年坂「ファイフィレーゴの森」展

はまもとゆうかドキュメンタリー

「ファイフィレーゴ」の映像に出演した、劇団大帝ポペ所属の女優、はまもとゆうかさんの1人芝居にピアノで共演しました。

彼女初の脚本・演出・出演の1人芝居です。

「ファイフィレーゴの森」展で上演するまでの1ヶ月の記録です。

​展示期間の2週間の間に計4回、会場である蔦屋書店熊本三年坂で上演し、大好評でした!

photo by Ryuma Hayashi
野田ちか子、会場で宅録中
model :はまもとゆうか
ふぁいふぃレーゴの森、入り口
ごぱん屋うっでぃちゃんと。
はまもとゆうか、1人芝居
ファイフィレーゴの森、入り口
「ファイフィレーゴの森」の3人
Photo by Tomoki Okamatsu
ファイフィレーゴの森、ライブ会場の様子
works by Tomoki Okamatsu
「ファイフィレーゴの森」のフライヤー

8/28(日)

「ファイフィレーゴの森」プレイベントライブ

 

野田ちか子、ワンマンライブ。

15時、18時、2回公演。

入場無料

@蔦屋書店熊本三年坂 地下イベントスペース

熊本市中央区安政町1-2

Tel:096-212-9111

アルバム「幻燈小品」に収録されている楽曲を中心にライブします。

​ミュージックビデオを流しながらライブします。

​赤裸々なライブをします。

***************

 

9/2(金)、9/9(金)

「ファイフィレーゴの森」開催期間中のライブ

はまもとゆうか(演劇)&野田ちか子ライブ。

17時、19時の2回公演。

入場無料。

蔦屋書店熊本三年坂 地下イベントスペース

「ファイフィレーゴ」の映像に出演した、劇団大帝ポペ所属の女優、はまもとゆうかさんの1人芝居にピアノで共演します。

爆弾のようなポテンシャルを秘めた女優さんです。

この日、この場所でしか見れない芝居です。

何かが起こるかもしれません。

**************

 

9/1(木)〜9/15(木)

「ファイフィレーゴの森~音楽とイラストと写真のインスタレーション 」

野田ちか子のオリジナル楽曲「ファイフィレーゴ」のミュージックビデオの制作に関わった熊本在住の3人のアーティストによる企画展。

 

facebook イベントページ

 

岡松トモキ(写真家)

アド(イラストレーター)

野田ちか子(宅録主婦)

 

 

朝10:00〜深夜1:00

期間中定休日なし

 

入場無料

 

蔦屋書店熊本三年坂店 地下イベントスペース

熊本市中央区安政町1-2

Tel:096-212-9111

 

 

ファイフィレーゴとは、エスペラント語で「霧笛」という意味です。

この曲はロシアのアートアニメーションの巨匠、ユーリ・ノルシュテインの「霧につつまれたハリネズミ」に触発されて作りました。

ギターとピアノ、弦楽器の調べに合わせて詩の朗読をしている楽曲です。

 

晩夏の蔦屋書店が2週間、白い森に覆われます。

ファイフィレーゴの映像作品に使われた衣装、小道具なども顔をのぞかせつつ、写真家岡松トモキさんの写真、画家アドさんの動物画なども展示販売します。

カフェスペースのそばなので、お茶を楽しみつつ気軽にお越しください。

イベント中は3人のうち誰かは在廊します。

Twitter,facebookなどで随時情報公開します。(深夜の在廊は不明)